忍者ブログ
  まったりセツナの偽島&その他ネトゲ日記。 本人脱力系なので、脱力して読んでください。
Admin*Write*Comment
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





またまた、久しぶりにブログです。最近はとかく疎くて申し訳ない。
私がブログ更新すると大体聞かれるこの言葉。

「オフレポまだー?(゜д゜)」

全力でスルーしようと思います。
多分世間の皆さまが忘れた頃に書く予定です。(……

というわけで、久しぶりにイベント日記に着手したので
その格納をと考えたのですが、
ただ格納するだけじゃ芸がないじゃない!
客寄せの何かが無いじゃない!

ということで、偽島の皆さまを独断と偏見でレンタルしようと至った次第です。
最初はいつもお世話になっている、玄曜さん(616)。

kuro.jpgごめん女の子描きたかったんだ。
描いてて思いましたが、やっぱ可愛いよクロさん。
どこぞの腐女子とはえらい違いだよ。



髪の質感とかがまだまだですが、
前髪ぱっつんの女の子は好きです。
掲載に快諾してくださってありがとうございます!


それでは、そろそろ日記の格納の方を。
皆さんの物語が佳境と聞いて急ぎました。(何
日記は長いので畳んでおきまする。



 
~einen Albtraum haben 序~



或る日の真夜中、この偽りで彩られた島は闇と静寂で包まれていた。
吸い込まれそうな夜空の中、天を駆ける天使が二人。
羽音さえさせる事もなく、上空に佇んでいた。

目隠しをした銀髪の男が一人、片目だけを包帯で包んだ黒髪の男が一人。
目隠しをした方が、おもむろに口を開く。

「そろそろ頃合いじゃないか?奴等を殺すのは。」

それまで空を見上げていた片目の男が、視線を声の主に動かす。

「……頃合い、とは?」
「とぼけるなルクルーゼ。我らは何の為にここへ来ている?」
「……。スペクトラルソウルに準ずる者の魂を狩る事。」
「そうだ、我らは『魂を狩る者』。それが使命であり、存在する理由。
 この島が崩壊した後では、また奴等に逃げられる可能性がある。
 我々に失敗は許されない。」
「失敗は許されない……か。」

ルクルーゼと呼ばれた男が、溜まった息を吐いてまた天を仰ぐ。

「アルコロックよ、それこそが矛盾だと感じた事はないか?
 殺す事が生きる理由。これ程可笑しな事はあるまい。」
「……貴様はアース様のご意思に逆らうつもりか?」

アルコロックと言われた盲目の男は、ぎりりと歯を噛んだ。

「何も見えぬお前には分からないのかもしれないな……。」
「おかしくなってしまったのはお前ではないか!あの女の魂を狩りに行った時から!
 その眼が開いてしまった時から!優秀な相棒であったお前はどこに消えた!?」
「いきがるな。……俺の事はもういい。悪かったから機嫌を収めろ。」

吠える相棒に、ルクルーゼは憐れみの眼差しを向けた。
相手が盲目でなかったら、いきり立たせる結果にしかならないのだろうが。

「しかし時期尚早であると俺は思う。
 まだこの島は崩壊の予兆を見せてはいないし、何よりも周りの動きが不穏だ。」
「不穏だと?まさか臆したのではあるまいな?」
「まさか。ただ俺は、あの桜庭撫子と西宮碧の周りに注意を促しているだけだ。
 特に女の方はな。あの双子神が守護している可能性がある。」

双子神、という単語を聞いてアルコロックはかぶりを振った。

「双子神だと?たまたま異世界の神から力を授かった、単なる死霊ではないか。
 今でも神の座に居座っているとは、図々しいにも程がある。……とくに、あの女め!」

吐き捨てたように言う。憎しみの感情が滲み出ていた。

「とにかく今は様子を見た方がいい。それに、我らの知らぬ魂もここに居るみたいだしな。」
「知らぬ魂?……あの子供の事か。」
「そうだ。俺達はあの子供についての報告は受けていない。
 放っておいても害はなさそうだが、万が一邪魔をされるようなら困る。」

ルクルーゼの忠告をアルコロックは鼻で笑った。

「邪魔をすると言うなら……その子供も殺してしまえばいい。簡単ではないか。」

ぞっとする程の冷たい笑みだ。盲目の天使の、初めて見せた微笑。

「俺は俺のやり方でやらせてもらう。お前は好きにするがいい。」
「言われなくとも。」

そのやりとりを終えて、天使達は流星の如く四方へ散った。


★★★


「……お姉様、今、星が散りました。」

所変わってここは闇色の海の水面。
灰色の世界に鉛色の波がさざめき、二人の少女の足元を濡らした。
白いワンピースを着た、珊瑚色と藍色の髪の少女。藍色の少女は、羊のような黒い角が生えている。

「……感じたわ……これから、動くのでしょうね……。」

藍髪の少女は、言葉少なにそう答えた。

「どうしましょうか?彼らが本気になれば、お母様とて殺されてしまいます。
 ここは食い止めた方が……。」
「……いいえ……様子を見ましょう……。
 彼女には……勝ってもらわなければ……ならない……から。」

ぽつりぽつりと話される声を聞いて、珊瑚色の髪の少女はため息をついた。

「まぁ甘やかし過ぎもよくありませんけどね。
 少年の方はどうします?元々、私達の関知するところではありませんが。」
「……それも……今は見守るしか……ないわ。
 カスケードは……まだ……動きが読めない……。」

そう言って、藍髪の少女はまつ毛を伏せた。

「気になる所は……あの女の子の事ですね。
 私にはアンシェーダと名乗りましたが、まだお母様とコンタクトが取れなくて。
 どうやら桜庭撫子とお母様の同一化が予想以上に進んでいて、
 お母様個人の意識を感じ取ることが難しいのです。」
「……確か……お母様なら……分かると……言ったのね?」
「ええ。私達の所縁のある人であることは間違いないのかもしれませんが……。」

珊瑚色の少女は、眉を寄せて俯いた。少し考えるように人差し指で唇を支える。

「あの子、利用されないと良いのですが……私の考え過ぎならいいのだけれど。」

少女は不安げな表情のまま天を仰ぐ。霞がかった灰色の空間だけが、そこには広がっていた――。



To be continued...

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
桜庭撫子(980/前期872)
性別:
女性
職業:
女子高生
趣味:
BL漁りと(猟奇的)料理
自己紹介:
通称:ナコ様。

京都の伊勢丹でオウミ氏PLと2時間弱で作った、最強ツンデレ女王。
設定が腐女子ですが、PLはBLをあまり知りません。
よって、サブキャラ西宮碧とのツンデレが主なネタ。
まだまだナコ様は成長しきっていませんが、
どうぞ暖かい目で見てやってくださいませ。<(_ _)>
アルカナツール
ウェブ拍手
押して頂けると励みになります。 ちなみにネタを仕込んであります。
どうぞ宜しくお願いします。(ぺこり)
メールフォーム
最新CM
[07/29 thomas sabo]
[04/11 ナコ(872)PL]
[04/10 1700の中の人]
[06/27 ナコPL@管理人]
[06/27 名探偵ブシドー]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
最古記事
Copyright © ~ Nach mir die Sintflut ~ All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]